2005.02.11

水のお話


先日の知多半島つながりで恐縮ですが、この知多半島の5市5町の水道水の源水は、木曽川(愛知用水)の水でした。
長良川河口堰が出来たことにより、木曽川の下にわざわざトンネルを掘って導水工事をしてまで引っ張って来る水に切り替わりました。
まずい、臭い、カルキ臭が強くなった、風呂に入ると肌がピリピリする、浄水器のフィルターがすごく汚れる等の声が聞かれるそうです。半田では、「上」水道が「並」となり
長良川河口堰が様々な反対運動を封じ込め次から次へとゲートを下ろしていったのが1995年7月。
当時ありとあらゆる矛盾点が噴出したにもかかわらずせっかく作ったダムだと言う国の強行政策でした。
今年で丁度10年目の節目を迎え、今長良川では一体何が起こっているのか、この10年で何が変わったのか、真実が知りたい所であります。
長良川河口堰ホームページでは魚に優しい魚道と大宣伝、しかしサツキマスの漁業高は明らかに減っていると数字に表しています。
長良川河口堰建設をやめさせる市民会議、一時期身も心もズタズタになるまで頑張っていた天野礼子さん、まだ頑張っていらっしゃるご様子。
もう少し自分なりに調べて見たい問題で有ります。

| | TrackBack (0)

2004.05.28

防犯ブザーの配布

前に署名をお願いしますと言われて署名させていただいたことがあります。
内容は「安心・安全の街作りのための防犯対策の強化を求める要望書」というものでした。
説明に依ると「西の歌舞伎町・東の○○」と言われるくらいに犯罪が多い街なんですってわが街は。

その署名実に303,495名が参加。
集まった署名により色々な対策が施されるらしいです。
その一つに区内小学校3年生以下希望者全員に防犯ブザーを貸与という形で配布するとのことです。
来月中には配布完了予定であるそう。

物騒な街にいつの頃からなったのでしょうか。
防犯グッズも今ではかなり豊富に出回っています。
セキュリティーに関しても調べると色々ありその数の多さににも驚いています。
SECURITY NETWORK
防犯ベル・防犯ブザー
(有)リング・防犯護身防災グッズ専門店
防犯ブザーの紹介と選び方のポイント
e・防犯.com
などなど、捜せば捜すだけ出てくる感じです。

miomamoro.jpg
ミヲマモル君だそうです。(配布の現物では有りません)

近くの小学校では運動会にカメラ・ビデオを持ち込む場合に許可証提示というところがあります。
例え父母であっても許可証を持っていなければカメラの持込を禁止されます。
そうしたところ撮影目的に小学校に入ろうとした者数名。
速やかに退去させられたそうです。

そんな街でも有るんですね。
こういう防犯ブザーを持たせなくてもよい、安全な街に成って欲しいものだと切望する次第です。

| | TrackBack (0)