« ミッジが張り付いた | Main | 妻の三回忌 »

2013.07.02

20130630湯川あれこれ

本日は何時も「釣らんが」の殺気立った気配を醸し出し過ぎ。
ウォルトン卿の「Study to be Quiet」(穏やかになる事を学べ)的な気持ちで釣りをしてみようと。
こうして川に立ちリフレッシュできているだけでも幸せじゃないかと。
そんな気持ちで楽しめればいいんじゃないか・・・。
20130630湯川
Ap6300337
今季初の湯滝、赤沼茶屋に車を停めて朝一の湯元行きのバスに乗る。
7時半から釣り開始。
本日は湯滝から赤沼までのんびり歩こうと思ってましたが、上流域は渇水が顕著ね。
平瀬になにげに出て居るブルックは皆無ですね、皆深みに潜っちゃった居る様です。
Ap6300338
Ap6300339
途中ここのところの不漁というおんぶおばけを振り払えるような尺ブルックが掛かった。
倒木の下に潜られたり垂れ枝の下に走られたり、久しぶりにパワフルなブルックに会えたましたが、ネットイン寸前にティペットを切られました。
悔しい一匹。
Ap6300340
Ap6300341
本日は木道を歩かづ、ひたすら川通し。
小滝も水量が少ないのでそのまま降ります。
20130630湯川
その後もライズ全く無しで何となく嫌な予感。
小田代橋の手前で待望の一匹。
コノ一匹で十分です。
Ap6300342
いやらしい所にしかブルックはいません。
倒木ノその下の沈んで居る木のその下の奥の方に・・・みたいなところ。姿を見られて隠れられて何ども引っ張り出そうとしますが全然ダメ。
結局泉門池まで全てを川通し。
ようやくお昼にしましたが三時を廻っていました。
Ap6300343
Ap6300344
今度は背中合わせから川通し。
水量が少なめとは言いつつ、対岸に渡るのに胸まで潜ること数回、あと2cm位でハイチェストのウェーダーに浸水するところでした。
昨年壊滅状態だった藻も幾分回復して居る様子。
藻有っての水棲昆虫なのでこれは嬉しいですね。
Ap6300347
Ap6300349
梅花藻も花を咲かせていました。
水中写真に挑戦しましたがなかなか上手く撮れませんね。
Ap6300346
鹿とばったり出くわせましたが、全く動じないで逃げません。
僕が釣りをしているのをしばらく見ていました。
Ap6300351
S字、ストレート、青木橋と居そうな所にフライを投げますが全く無反応。
前日友人から青木橋下のライズ何て画像も配信されていましたが、ここまで来てライズは一回も見ていません。
Ap6300352
Ap6300356
自撮り、最近太ったと思うのですが、顎が二重になってましたね。
歩いていても重い訳です。
Ap6300357
Ap6300358
天気も何とか持ちました。
帰りのいろは坂ではドシャ降りと濃霧、とろとろ走って日光Pで待避が必要な位だったのでラッキーだったとしましょう。
Ap6300359
木道は修復工事中。
所々こういうベンチが出来ています。
Ap6300360
Ap6300361
18時を廻り時間切れ。
今日は中流域を楽しむまではいきませんでした。

|

« ミッジが張り付いた | Main | 妻の三回忌 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16635/57722019

Listed below are links to weblogs that reference 20130630湯川あれこれ:

« ミッジが張り付いた | Main | 妻の三回忌 »