« 目の錯覚的な | Main | パソコンの故障 »

2013.05.15

渋々の忍野でした130512

一ヶ月振りに忍野。(#11釣行)
虫の状況も良くなっているかと思い出掛けた忍野でしたが、この数年の大水のせいで明らかに水棲昆虫のハッチの状況が悪くなっているなと感じた今回の忍野でした。
朝9時から富士急の二番に入りますが、富士急前は釣り人は来るものの余りの釣れなさに嫌気が指して人がいなくなります。
Ap5120308
とうとう誰も居なくなった(笑))
ドライフライへの反応が余りに悪いので沈めて漸くの一匹。
釣り開始から2時間経ってました。
Ap5120309
FB繋がりのSさんが上流に居るようで、梃子でも動こうとしない僕のところにわざわざ訪ねてきてくれました。
遅目の昼食をリバーズエッジで。
Ncm_0660
ローストビーフサンドと迷ったのですがビーフカレーにしました。
何年も前から何度も顔を合わせてはいるものの偶にしか顔を出していないので大将やヒロコさんには本とに覚えてもらってないようです。
Ap5120310
Sさんと記念写真。
初対面でしたが、ネットのいいところでそんなことも感じず色々お話できることが出来ました。
同じような体系ですねで始まったつながりでしたが、はるかに僕が大きくなってました(泣)
午後はSさんは上流に、僕は同じく富士急へイブ狙いに分かれます。
Ncm_0662
ちょっと遅かったので二番以降のポイントは既に埋まってました。
裏一にも人影がなく対岸のライズ狙いを続けます。
一番に入りますが、昼前に三番あたりで見かけた60cmオーバーのレインボー。
何度かフライを流しましたがことごとく無視されました。
そのデカ鱒が裏一の前の落ち込みに入るのが見えました。
幸いにも裏一の方は気が付いていない様子。
彼が休んでいたりライントラブルの合間を見て対岸にフライを放り込みますが反応なし。
そうこうしているうちにヒゲナガの前のハッチ。
裏一の方も居なくなり、ライズの輪の中にフライを入れるのですがフライが合っていない様子。
フライの30cm前後でライズされて完全に惨敗。
ヒゲナガのイブが始まり数匹小さいのが釣れて最後にやたら重かった一匹。
でっぷり太った40cmオーバーのブルックでした。
Cp5120313
Ap5120314

|

« 目の錯覚的な | Main | パソコンの故障 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16635/57410075

Listed below are links to weblogs that reference 渋々の忍野でした130512:

« 目の錯覚的な | Main | パソコンの故障 »