« さてと | Main | 西の空 »

2012.08.16

送り火

結局仕事から帰ってからの深夜に送り火を焚いた。

君の事を感じるまでいて欲しかったのだが、帰れなくなるといけないからね。
本当は懸命にその存在をアピールしていたのかも知れない。
ゴメンナ、感じる事が出来なくて。
闇夜の中の送り火は煙のありかが分からない。

来年も懲りずにおいでな。
もう少し感じられる人になるよ。

命日までの数ヶ月間、ずっと一年前の出来事の時系列を追っていた。
あの時に分からなかった事、朧気だった事が新たに思い返すと、確信できるた事も多かった。
日々必死だった。
多くの感謝がそこに有る。
貴方の判断は当たり前の様に正しい。当然だと思う。

命日を過ぎて昨年の事を思い出すのは止めた。
思い出は時間が経てば経つ程、甘くなる。

語り合う相手を亡くした思い出はどこにしまえばいい?
フォルダに仕舞って保存するしかないのだろう。
そんな開けるに開けられないフォルダばっかり出来上がって居る。

2012年 お盆

|

« さてと | Main | 西の空 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16635/55462947

Listed below are links to weblogs that reference 送り火:

« さてと | Main | 西の空 »