« 連休最後の日は忍野 | Main | ピザを食べに逗子海岸へ »

2012.05.08

20120507忍野

平日休みなんて滅多には無いので、娘を送り出して洗濯干していそいそと忍野へ。
連休明けなので東名高速もすいていて、自宅から1時間ちょいで旧富士急に到着。
P5070165a
全く誰一人居ないかとおもいきや、10数人の釣り人はいたのかな。
それでも入るポイントを探すのに苦労した昨日(大臼荘の女将さん談)とは違い好きな所に入れます。
まずは富士急の2番。
Ncm_0232
30分以上掛かってようやくの一匹。
目立ったハッチも無くライズがほとんど有りません。
仕方ないので沈めてみると、元気なレインボー。
Ncm_0233
またまた金色に輝く大型のブラウンが出てきた、フライに食いつく寸前に見切られた。
どうしてもあいつはいつか釣りたいです。
今年はまだ、金田一より上流に行って無いので、さかな公園の駐車場に移動。
久し振りに大臼荘での食事、おつまみに串かつ・青唐辛子の味噌漬け・山中湖のワカサギの天ぷら・お新香が頼んだメニュー以外に出されるので、ついビールを頼んじゃいます。
で天ぷら+山菜うどん、天ぷらも行者にんにくのかき揚げとタラの芽、これで600円でした。
P5070166a
温泉裏で時折ライズはあるものの、なかなかフッキングには至らず、ここではやっと二匹釣れたのみ。
P5070168a
でも鰭がしゃんとしていて、サイズ以上のファイト振りで楽しめた一匹でした。
金田一橋上流。
P5070167a
全然ダメ、やる気の有る鱒が見つからない。
イブニングに裏一に、今年4回目にしてようやく入れました。
Ncm_0237
今年初の岩魚、このクネクネ感が堪らないです。
18時半、水面がざわついてライズがあちこちで起きる。
今回もヒゲナガと決め打ちしますが完全にスカ、全く見向きもされない。
仲間から後で聞くところに依ると、ヒゲナガは出るものの季節が進むと共に出る時間が遅くなるらしい。
水面上にはどう目を凝らしても虫の姿は見えず、水面直下に何かが流れているらしい。
苦し紛れにオドリバエ、一発で出たりするが後が続かない。
羽蟻と読んだが戦略ミス。
辺りも暗くなった19時半、大型のカディスにレインボーが出てようやく「ツ抜け」。
Ncm_0238
その後も一匹追加して、納竿。
今考えるとこの時間がヒゲナガだったのだろう。
水面直下の釣り、やはり課題になった。
真っ暗な中をヘッドライトを頼りに駐車場に、閉館時間を過ぎているのですごすご出車。
身支度を終えて20時に出発、21時には自宅でビールが飲めた。
平日の釣り、いーですは。

そう言えば大臼荘の女将さんによると、今年は初めて忍野に来たと言う人が多いとのこと。
栃木・福島の方面からみえる方が多いんだそうです。
理由はもう、あれしか有りません。
口に出すのも腹立たしいので割愛。

|

« 連休最後の日は忍野 | Main | ピザを食べに逗子海岸へ »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16635/54667468

Listed below are links to weblogs that reference 20120507忍野:

« 連休最後の日は忍野 | Main | ピザを食べに逗子海岸へ »