« お陽様と桜と | Main | 20120408忍野 »

2012.04.07

明日の一匹を夢見て


花見にも行かずコーヒーを飲みながら、珍しく日中のタイイング。

失われし時と自我を求めて漂泊が始まる。
釣師は魚にそれ以外の何かを求めて放浪する。
その”何か”は短く説明することがなかなか容易ではなく、意識下にひそむものもおびただしいので、
釣師自身も知覚しきっているとはけっして言えない。
いわば、彼は輝やかしい川岸に立つ暗い人である。

開高 健著 『オーパ、オーパ!!』より

確かに今年は例年に比べ、釣りに行く回数が多い。
いつもの年はまだ解禁も迎えていないくらいじゃないかな。

フライが出来上がった時には「こいつはなら釣れそうだ」と自画自賛をし、現場に立った時は「まったく釣れる気がしねえ」と痛罵を与えるのであった。

明日は忍野か、違う渓か。いづれにしてもまだまだ寒そうだ。

|

« お陽様と桜と | Main | 20120408忍野 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16635/54413907

Listed below are links to weblogs that reference 明日の一匹を夢見て:

« お陽様と桜と | Main | 20120408忍野 »