« ささやかに | Main | 丹沢山塊が… »

2009.10.26

生老病死…か

今日は叔父の通夜でした。
お坊様の言葉の中に生まれて生きて老いて病んで死んでいく、肉体的には滅びますが、故人は明日新たに旅立っていきます。
と言う言葉が頭に残りました。
人、亡くなれば早ければその日、翌日には通夜がその翌日には葬儀が行われます。
悲しんでいたり故人に語りかける間も無く、儀式は淡々と進んで行きます。
多くの弔問客の対応に追われ、精一杯の作り笑いをして、気が付けば自宅で骨壺の前に座っている。
当たり前の事じゃないかと言われればそれまでです、何の反論もいたしません。
淡々と事が進まないと、いつまでも骸にしがみついてキリが無いのかも知れません。
でもね、故人とお別れするのに廻りに家族だけの1日があったらいいなと、
ふと思いました。

|

« ささやかに | Main | 丹沢山塊が… »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16635/46593540

Listed below are links to weblogs that reference 生老病死…か:

« ささやかに | Main | 丹沢山塊が… »