« 今年初ヤマメ | Main | 準決勝敗退 »

2007.11.03

続・三丁目の夕日

続・三丁目の夕日
今日封切りの続・三丁目の夕日行って来ました。

前編を映画館で見損なっていました。
あの映画に出てくる時代はちょうど僕が生まれる前の年の出来事で、東京そのものが変わっていく分岐点だった頃になると思います。
江戸川の小松川で生まれた僕は、母親の背中で荒川の土手の上から何度と無く夕陽を背にした東京タワーを見ていたと思うのです。
「ほ~ら、大きいのができたね~」などと言う言葉を聴いていたことでしょう。
そんな体験は、夕陽の中の東京タワーになぜか郷愁を覚えてしまう僕を作り上げたんだと思います。
首都高速の出来る前の日本橋、したの神田川の支流なのかな?が黒く淀んではおらず、さらさらと流れのある川に描かれていたのは印象的でした。

ちょうどあの川の岸に叔父夫婦が住み込みで働いていて、小学校に入る前の頃ちょくちょく遊びに行っていたのを映画を見ながら思い出しました。
ただ違うのはあんなに開けた風景は見れなかったので、調べて見ると1963年に日本橋周辺の首都高開通と有ったので、すでに川岸はすっぽり巨大な屋根に覆われていた頃なんだなと分かる。
ストーリーを別にして、描かれている時代背景があまりに懐かしく、それだけで涙腺が緩んでいました。
機械オイルのにおい・・・・親父の作業着のにおい
でっかい夕陽・・・東京にも地平線があったのさ。
東京タワー・・・今でも見ると嬉しい。
マツダのオート三輪・・・1歳の頃のこの車のハンドルを握っている写真がある。
都電・・・運転席の後に張り付いていたさ。
タバコ屋・・・子供の頃は子供が親のおつかいでタバコ屋にいってたのさ。
羽田空港・・・・飛行機見るのと、飛ばない飛行機に乗せてもらっていたさ。

とうに消え去っているはずの記憶が、何処からか引き出されてくるような感じでした。

ストーリー・・・
世の中なんてそういうものさって、仕方ないさって、ずるく賢くなった自分で妙に納得していたが、へえ~そう来たか。
あとは劇場でどうぞ(笑)

|

« 今年初ヤマメ | Main | 準決勝敗退 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16635/16964682

Listed below are links to weblogs that reference 続・三丁目の夕日:

« 今年初ヤマメ | Main | 準決勝敗退 »