« バカボンのおまけ | Main | 懐かしの… »

2007.06.02

薬缶

07060208
今日は後輩たちの関東大会。
ちょうど葛西臨海競技場での試合で、久しぶりに古巣の葛西へと応援に向かいました。
結果は50-14。
ディフェンスの出足が止まって、受けたタックルをしてしまったこと。相手のラインアウト後のモールの押し込みを分かっていながら何度もさせてしまったこと、途中での修正が出来なかったこと。
一次の後のモールに対して起きたプレーではなく寝に行ってしまい、2次への攻撃のタイミングが遅れたことなど、反省点は多い。

関東大会という舞台にちょっと飲まれちゃったのかなという感じがします。
ただ関東大会という檜舞台にきてみて、後輩たちが小さな体でよく戦いここまできたと言うこと、
これは褒めてやりたいです。


薬缶・・・
中学の時、受験前の冬、早慶戦を見てぶっ倒れていた選手にこの薬缶の水がかけられる。
そうすると、倒れていた選手はよろよろしながら起き上がる。
一体何が有ったんだとと言う疑問と、選手達のタフさへの驚き。
TVのアナウンスで「魔法の水がかけられて選手が元気にグランドに戻って行きました。」とコメント。
その不屈さに高校に行ったら未知なるラグビーと言うものをやってみたいと思った。
自分のラグビーでのモチベーションみたいなのがこの薬缶。
中に入っているのは普通の水で頑強に鍛えられた者だからこそ、多少の脳震盪でもグランドに帰って行ったと知るのは、実際にラグビーを始めてからなのですが。
対戦相手のこの薬缶。
30年前と全く形も変わらず、実際に使うのはスポーツドリンク用のボトルなのですが、やはり何かあった時のお守りなんでしょうね。

07060206

|

« バカボンのおまけ | Main | 懐かしの… »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 薬缶:

« バカボンのおまけ | Main | 懐かしの… »