« 雑誌の表紙のようには | Main | ひまわり »

2006.08.06

自営おやじの転職日記-その後

協力会社として契約なら是非ということです。
任せたい案件もすでに発生しているとの事。

自営親父の転職日記、上記の回答を2~3日保留していましたが、結局協力会社として契約しました。
迷っていても前には進めない、とりあえず一歩前へ。
ゼネコン子会社に居候の2年、自宅に篭っての4年、何とか食える程度でいいやと日々やり過ごしてきた感が有ります。
狭い世界に閉じこもっていたいた結果、知らず知らずに情報音痴になっていた様に思います。
さしたる営業努力もせずに、確固たる情報収集もせずに安閑と過ごしていた。
細いパイプが切れたとあたふたし、弱気になり、落ち込んで、逃げ道を捜そうとしていたこの3ヶ月。
歩いてみればまだまだ可能性はある。

と言うことで明日から通勤生活が始まります。
場所は東京駅近くの大型建築物。
半年契約ですが、物件完成を考えると+2~3ケ月ぐらいだと思います。
図面を描くだけではなく、物件をまとめることもあり、色々経験してみようと思っています。
模索は終わったわけでは有りません。
STUDIO-SERENEをどう伸ばせるか、自分に何が出来るか、どういう会社が面白いか・・・
考える事はまだ沢山あります。

とりあえず第一歩。

|

« 雑誌の表紙のようには | Main | ひまわり »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 自営おやじの転職日記-その後:

« 雑誌の表紙のようには | Main | ひまわり »