« やっちまった | Main | この週末 »

2006.05.25

世附C&Rで完敗

昨年試験的に、今シーズンから本格的に一部区間がC&Rとなっている世附川に行ってきました。
昔から丹沢湖周辺はお気に入りのスポットで、初めてキャンプをしたのは世附キャンプ場だったりします。
平日になかなか行けなくなりそうなので、「楽しめる」「期待を裏切らない」と言うことで、10年ぶりの世附川。
前にいつもコメントを頂いているとしちゃんにお誘いいただい他のだけれど、どうしても行けず。
wildcatさんのレポを見てあまりに楽しそうだったと言うのもありました。
Yoduku04
名曝・夕滝
落差60mと言われ不老山から数段になって落ちてきます。紅葉でも人気スポットらしいです。
Yoduku05
Yoduku03Yoduku09
いきなり景色だけです。
平日と言うこともありC&Rに入ったフライマンは3人だけ。
最初の一方は朝一から下から釣りあがっているそうで、同じ時間に入った方と別れて、本流の特区NO.8からの上流部に向かいます。
本流を入り口から1から10に分け、支流の大又川を11として人数の多い時は指定されたところに入るのですが、今日は平日で割り当ては結構アバウト。
Yoduku06山女は居ます。
前日の雨もあったので開始早々は活性が無いのも仕方無いかと思いつつ釣りあがり。
山女が居そうなポイントに流すのですが反応なし。
というか流れのきついところには入っていないような感じすら有ります。
流れの筋が二股に分かれて居て、止水のような溜りから流れのあるほうを狙おうとしてそちらへ回り込むと結構型のいいのがそこにいて思いっきり走られちゃうような、流れの中に居ると言うより流れがまとまってゆるく流れるようなところになんと無く居るというような・・・
ところどころのプールに山女は固まっていて、そろいも揃ってやる気なし。
水面に対してはほとんど無視、かといって水中で口を動かしているような様子も無いのでほとんど食い気が無い。
ハッチも無ければ、ライズもほとんど無し。
この日丸々1日でライズが合ったのはたった一度。
淵の流れがゆる~いところで勢い無くだらだら食べているのが一匹。
EHCダメ、コカゲダメ、コンパラダンダメ、パラシュートダ・・・流れが無いところの勢いの無いライズ、フライの近くまで着ますが反転。
感善意見切られて居ました、底に居るのに大して沈めて口元まで運んで見ますが、口を開けません。
流芯で反応してくるのはウグイらしく、それもかなり小さい。
フライを咥えられないくらいの小ささ。
一度フッキングしましたが、合わせと同時に後方に一匹フライとともに飛んで行きました。(汗)
多分ウグイだと思います、戻ってきたフライには魚がついてませんでしたので・・・。
確かにスプーキーでは有りますが、山女本来の野生があんまり感じられないような気がしました。
極端に言えば流れがゆるいところばかりに居る、養魚場感覚が抜けて居ないというか・・・なんだろう。
Yoduku13
苦悩のフライパッチ。

もう一つ、ロッドの選択ミス。
いつもならカムパネラを使うのですが、この日使ったのは安物のバンブー。
4番乗せて、ラインパワーが伝わらず、5番を付けていますがコレもラインを15mくらい出さないとラインが思うように飛ばず。
下から上の段の肩口にピンスポットで入れようとするとどうにもかったるい。
釣りあがりには不適当で小技の利かないロッドと言うことがよく分かりました。
カムパネラにしておけばよかったと思っても後の祭り。

結局6時まで粘って、事務所の親父さんに別れ際話を聞きますが他の二方、「いや~楽しかったですよ、又来ます」と口をそろえて喜んで帰ったとの事。
「どうだった?」の問いに「ダメ、坊主」と答えると、親父さん「じゃぁコレだね」とご自分の前腕部を二回ほど叩きます。
「悔しいので又来ます」が 別れの言葉。

帰りは土砂降り・雷ごろごろで大渋滞、60km道のりに3時間近くかかりました。

|

« やっちまった | Main | この週末 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16635/10231409

Listed below are links to weblogs that reference 世附C&Rで完敗:

« やっちまった | Main | この週末 »