« 今更ドリフのネタではあるまいが | Main | 引越しから3週間 »

2006.04.12

さよならセリカ

一世を風靡、トヨタ・セリカが生産打ち切りへ

トヨタ自動車は、1970年代に団塊世代の若者たちの人気を集めたスポーツカー「セリカ」の生産・販売を近く打ち切る。
トヨタを代表するスポーツカーの花形的存在として一世を風靡(ふうび)したが、近年は販売が低迷していた。
ライバル車だった日産自動車「シルビア」やマツダ「RX―7」なども販売中止になっており、往年のスポーツカーがまた一つ姿を消す。
初代セリカは70年12月発売。日産「スカイライン」とともに若者の人気車種となり、70年代後半から、自動車レース「世界ラリー選手権」(WRC)にも参戦した。
99年発売の現行モデルは7代目。累計で約86万5000台を販売した。
国内販売はピーク時の73年に約8万5000台だったが、05年は約1600台まで減少した。
(読売新聞)

060412_1150001思えば免許証を取って、初めて買ったのがこのセリカでした。
先代のセリカはすでに○走族御用達になっていたので、二年落ち位の2代目を中古で買ったのですが、ツインカムのGTには手が届かず、2000STと言うなんとも中途半端なモデルでした。
ゴキブリと悪評されたモデルチェンジで、ましてや色もマルーンなのでまさにゴキブリそのものでした。
ちょうど50年排ガス規制により、当時のスポーティー車が軒並み牙を抜かれた様な時の車で、走らない走らない。
2000ccとは言っても友人のジェミニに追いつかない車でした。
買う前にも買ってからも、いわくつきの車で、さらに売り飛ばした後までいわくがついてきたと言う車。
その内容はあまりに酷いので自主規制。
一言言えば、ルーフのみ板金を施していませんとしか言い用が無いです。
セリカの歴史

初代がセンセーショナルを巻き起こして、2代目のXXなるラグジュアリー路線も中途半端だったけど、ラリーでは大活躍をしていました。
「名ばかりのGT達は道をあける」のCMは角目になってから、当時のスカイラインを思いっきり皮肉っていて面白かったです。
4代目では映画「私をスキーに連れてって」でスキー場をGT-FOURが走る1シーンがあり、若者の心を捉えた。
その後は僕もアウトドア志向が高まって、この手の車に興味を示さなくなってしまい、5~7代目の車の良し悪しが分かりません(汗)。
確かに最近セリカを見かけなくなったな~とは思っていましたが、36年の歴史に幕が閉じられると言うのには、色々な時代を感じます。

|

« 今更ドリフのネタではあるまいが | Main | 引越しから3週間 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16635/9548536

Listed below are links to weblogs that reference さよならセリカ:

« 今更ドリフのネタではあるまいが | Main | 引越しから3週間 »