« 日本橋に | Main | ご近所散策 »

2006.04.29

タックルバッグ-その2-

少し前に源流用にと作ってみたタックルバッグ。
使ったリュックが今一小さかったようです。雨具とウェーダーとウェーディングシューズを入れるとそれだけでいっぱいいっぱい。
せめて簡単な調理道具(コッフェル+バーナーとカートリッジ)位は入れたい。
掬って飲める水でせめてコーヒーなど沸かしたいですものね。
買ったはいいがなかなか使わないリュックがまだありましたので、再挑戦。
Bag0602a_1Bag0603a
Bag0601a今度はリュックのショルダーベルトにハトメをつけます。
以前のは片側を縫いつけちゃったので脱着が面倒でした。
D環で取り外しできれば普通の状態でもリュックが使えますしね。
背面にはランディングネットを取り付けるDリング、コレをバンドとともに縫い付けます。
後姿、ネット(コレも以前自作した物)を取り付けるとなかなかいい感じになりました。
多分カムパネラを持っていくことになるので3pcのチューブが上手くリュック上部にとめられるようゴム製のドローコードも欲しいところです。
Bag0605a_1Bag0604a_1
Bag0606aタックルバッグは以前からよく使っていたウエストポーチを加工。
DリングをつけD環でリュックのハトメに留めます。
ウエストベルトを切り取ろうかと思いましたが、装着した状態でベルトを締めると安定感があるのでそのままにしました。
前面にはブックタイプのフライBOXとC&Fのフライパッチ、マジックテープで脱着式に。
付属の粘着テープでつけてみましたが、今一心元無いので縫ってとめることにします。

右は有っても無くてもいいんですけど、何かの景品にもらったスポーツ用のベスト(釣り用では有るらしい)の前半分を切り取って、これはウエストベルトにぶら下げます。
大型のフライBOXを入れるのにちょうどいい大きさです。

ドリンクホルダーも同じくウエストベルトに通します。
と言うことで出来上がり。
前作よりかなり使い勝手がよくなりました。

こんな物作って無いで、川に行くほうが禁断症状は治まると思うのですが・・・。
Bag0622aさて実装。
家人に見られると白い目を向けられそうなのでそそくさ撮ったら大ピンボケ。
上の右のBOX入れは無い方が動きやすそうです。
シンプルに、リュックにバッグをぶら下げた方が歩きの邪魔にならないですね。

|

« 日本橋に | Main | ご近所散策 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16635/9818817

Listed below are links to weblogs that reference タックルバッグ-その2-:

« 日本橋に | Main | ご近所散策 »