« 乱雑・・・。 | Main | とりあえず1/100 »

2006.03.14

浮遊加減が微妙

しゅうさんの「また養沢」の中で、以下の文に思わずライズしちゃいました。

午後になってから、またライズが始まり、フライの選択を迷っていると、フライパッチにクロカワゲラがとまっていました。2005年4月号のFF誌に出ていた刈田敏さんのフローティングニンフ(ヘンドリクソンカラーのグースバイオットボディのフライ)を流すと、これが効きました。

昨年自分でもクロカワゲラが気になると書いていたにも係らず、そのことすっかり忘れていました。
早春に釣りに行かないものだから巻くことも忘れていた次第。
kurokawa06クロカワゲラのフローティングニンフを巻いておこうと思ったのですが、ボディ用のグースバイオットのヘンドリクソンカラーもってません。
代用したのがビニール・リブ。
画像のタイプはヘリコプターみたいにハックルを巻いてみました。
他のはマニュアル通りにウイングにCDC。
夜更けにタイイングしてもなかなか進まず、結局4本のみ。
自分の巻いたフライを後悔公開しちゃうなんて、かなりの挑戦者では有りますな。恥ずかしいを通り越して開き直りです(汗)
で早速浮かべてみることに。
kurokawa02
4つ作って同じ物がありません。
SuperDryPouderの付け加減でその水面下の浮遊スタイルが微妙。
一つはウイングにボリュームが無くて撃沈。
二つは水面下での浮遊スタイルを何とか保っていますが、もう一つはクリップル風。
僕のタイイング、結局マニュアルに書かれているマテリアルが無いものだから、どんどんオリジナルからかけ離れた物が出来上がってしまいます。
手持ちのマテリアル不足の解消も今年の重要なキーワード。
全体が横倒しになって不自然な姿を見せてしまうと、この手のフライの効果は消失と注意書きにありました。
不恰好でも、もしクロカワゲラが飛んでいたら試してみようと思っています。

でもクロカワゲラがフライパッチに止まるなんて釣りの神様が降りてきているような気さえしますよ。
僕のフライパッチに虫が止まってくれたこと今まで一度も有りません。
見放されているんですよ、きっと。

|

« 乱雑・・・。 | Main | とりあえず1/100 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16635/9081723

Listed below are links to weblogs that reference 浮遊加減が微妙:

» また養沢 [The Incomplete Angler]
昨年の3月11日は千曲でライズ探すのに苦労したので、必ずマッチング・ザ・ハッチの [Read More]

Tracked on 2006.03.14 at 09:23

« 乱雑・・・。 | Main | とりあえず1/100 »