« Webの引っ越し中 | Main | さらに今年のFF »

2005.12.31

年末に思うこと

2005年も本日で終わり、当然ですね12月31日、大晦日ですから。
簡単に一年を振り返ると今年も多くの釣り仲間に恵まれたいい年でした。
その分今までずっと続けていた草ラグビーチームへの参加率がガクンと減ってしまいましたが・・・。
日々いっぱいいっぱいで過ごしていると、毎週日曜の練習が結構苦痛だったりします。
試合で怪我をしたら、仕事にも多大な影響を及ぼすこともあります。
そうは言え、やはり普段、大声を出さないでいます(当然ね)、やはりグランドで汗を流し大きな声を出すことも、そして仲間に会い、一緒に戦うことがいかに自分にとって必要なことかと言うのも、十二分に感じたとしでも有りました。
「ひよる」という言葉があります。
ひよって暮らしてしまったこの一年、と言えそうです。

先日、プロゴルファーの宮里藍選手の特番が流れていて、初め何気なく見ていたのですが、最後にはその世界に引き込まれていました。
彼女の活躍はすでにご承知の通りですが、彼女のスピリッツの中に『PROJECT☆54』の精神が流れているというお話を覗いました。(名称違っていたら御免なさい)
そう18ホールパー72に対して全てバーディを狙うという精神。
パーセーブを狙うのではなく、よりハイレベルに18アンダーを目指せということ。
彼女の強さの秘密・魅力はそういう「高い志をいつも持っている」ところにあるのだと改めて思いました。
そこで好きな言葉がふと思い出されたわけです。
「星を目指して手を伸ばせ、たとえ星を掴めなくとも、決して泥を掴む事にはならない。」-レオ・バーネッツ
いつも見れるようにと手帳に書いてあるのですが、日々の忙しさにかまけてついつい忘れがちでした。
不惑を過ぎ、40代も半ばの中年男、稼ぎなんかもある程度先が見えていたり、なんとなく現状維持を安閑として望んでいたようです。

パーセーブを望んでいたばかりにしくじってボギー、ダボ、トリプルっていたようなこの一年。

歳を取るのは当たり前、でも昨日より今日、今日より明日、確実に成長は出来る。
現に釣りだって去年の僕より確実に知識は増え、多少なりとも上手くなった。
ラグビーにしても落ちた体力を少しでもあげる事も可能なのではないか。
仕事も変なボーダーラインを自分に引かず、もっともっと貪欲に、そして今までの仕事以外にも自分の出来ることを探したっていいじゃないか。
家族との時間ももっともっと有意義に過ごせるじゃないか。
とまぁ反省しきりのこの一年でした。

この一年blogやWEBを通じて多くのコメントを頂きました。
ありがとうございました。

さて正月用の画像作りをしようかと思います。

|

« Webの引っ越し中 | Main | さらに今年のFF »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16635/7921094

Listed below are links to weblogs that reference 年末に思うこと:

« Webの引っ越し中 | Main | さらに今年のFF »