« フライでハゼ釣り | Main | 布団は篠竹、米は研ぐ »

2005.09.16

悔しいのはどっち


以前巻いたアントフライ、お尻の丸みがお気に入りのものです。
「シャロムの森」でデカ鱒掛けて、ロッドをへし折られたのはこのフライ。
忍野でプルプル躍らせて虹鱒に食わせたのもこのフライでした。
先週行った湯川、増水中の青木橋上流でのキャスティング。
結んだと思っていたこのフライ、ティペットと離れて一人旅を始めました。
ドラッグフリーで流れに乗ってナチュラルに流れて行きます。
倒木の脇を藻の上を、綺麗に流れていきます。
「おっし、そこだ!」「そこなら出る!」
流れていくフライを見ていました。
そういう時に限って、半沈めのフライにもかかわらずよく見えていたりもします。
ずっと見送りとうとう青木橋の下のほうまで流れていきました。

落としたフライに鱒がライズなんてのはよく聞くお話。
その時は悔しい思いをするものです。

しかし全く無視されて流れて行ってしまった我がフライ、それもまた悔しい。

この悔しさどっちが上かなと只今思案中。
この連休、どうやら仕事浸けになりそうで、とほほです。

|

« フライでハゼ釣り | Main | 布団は篠竹、米は研ぐ »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16635/5968152

Listed below are links to weblogs that reference 悔しいのはどっち:

« フライでハゼ釣り | Main | 布団は篠竹、米は研ぐ »