« 僕が少年だった頃(17)-三角乗り | Main | あじぃ一日でした »

2005.06.11

物的思考-イニシャルトーク

とあるフライマンのお話。
長年使っていたウェーダー、何しろゴアテックスなる物が世に出た頃の物。
膝下の渡渉くらいなら気にならないが、ちょっとでも立ちこむとチャポチャポとソックスの中で脚が泳いでました。
ブーツタイプのも持ってはいますが心持でかい。
ガポンガポンと歩いていると疲れます、ましてやフリーストンの上流部では不安いっぱい。
カタログを見るなり、店を訪ねるなりしていいなと思ったのが駅の店の
ある日、打合せ帰りに閉店ギリギリの時間に店に電話してみると、店員君「もう閉店ですから」とつれない返事。
店長ならもう少し違う対応してくれたかなと少々ガックリしたそうな。
その駅で店へ、金曜の夜だけ9時まで営業。
すかさず店の奥に進んで、試着開始。
のいいなと思う物はかなりの予算オーバー。
の欲しかったがかなりのオフプライス、元々好きなメーカーなのでMサイズで試着。
ぴったりです、ぴったり過ぎて身動きできません。
背丈の割りに腰幅が大きい(尻のでかい体型)、Lサイズにします。
こんなにプライスオフというのも、は大丈夫かなと、不安も有りますが応援したい気持ちも有る。
シューズはとお値段手ごろな物に。
実はもう一足にのアクアステルソールNが欲しいらしい。
帽子はキャップも数種もっていますがのサイドメッシュハットが被っていて蒸れないのでお気に入り、変える予定は今のところ無し。
ベストも10年以上前にBOで買ったACという時代遅れのもので、肩にはパッドも無く肩こりの原因となるのだが、なかなかお気に入りの一品、変えるのも惜しく、これまたしばらくは使うでしょうとのこと。
のメッシュあたり夏限定に欲しいとは思っているようだ。
川で氏に教えを乞いている最中に預かった時に彼のロッドをブンブン振って見るのだが、後でそれが海外著名ビルダーが氏スペシャルとして世に送り出した唯一の物と知り、冷や汗たらり。
そろそろロッドが欲しいと思っていた矢先のところにはいいぞと悪魔のような囁き。
硬すぎず、トルクもあるし、粘りも有る。ピンポイントにピッと放りこむ感じのもの。
欲しいロッドはある、さんの
自分としては頑張った時の自分へのご褒美としたく、なかなか手が出せないでいるらしい。
知人の物を借りて振り心地を試したいのだが、前にラグビー仲間のハーレーを借り草叢でスピンターンをやらかしてしまうような男、人様の物を借りるという行為を自粛しています。
良く行く駅のに小物を買いに行ったのだが、そこにたまたまあったが妙に自分のフィーリングに合い、36114にHNを刻んでもらうことになる。
そこでそれに合う小ぶりのリールも欲しくなる。
昔からもっているを久々に使うかのハンドメイドをそのまま使うか。
はたまたⅡなんかもいいなと思っているよう。
妻の知人が駅の店の方とは極々親しい間柄と耳寄りな情報を貰うのだが、それこそ情報筒抜けと是非紹介してくださいといえないでいるらしい。
とあるフライマンのお話。
あ・く・ま・で・も・とあるフライマン。


|

« 僕が少年だった頃(17)-三角乗り | Main | あじぃ一日でした »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16635/4511747

Listed below are links to weblogs that reference 物的思考-イニシャルトーク:

« 僕が少年だった頃(17)-三角乗り | Main | あじぃ一日でした »