« カエルが縁起物と人気 | Main | 僕が少年だった頃(17)-三角乗り »

2005.06.09

InTheRiver

style
ピンキーさん撮影
川面に立っていると一瞬ボーっとするときが有る。
川に酔うのである。
聞こえてくる鳥の声に流れる川の瀬音に我を忘れる。
頭の中が真っ白になってトリップしているのである。
川にいながら釣りをしていることを忘れてしまうのである。
どんな川が好きですかと聞かれるとフリーストンと答えます。
でも湯川も好きですと付け加える。
全く矛盾した答えで答えにはなっていない。
このゆるゆるした流れはどの川よりもいろんな事を忘れさせてくれる。

叩きながら岩を跳び、落ち込みの岩を這い上がるのも好き。
ハァーハァー言いながら魚止めの滝を高巻きするのも気持ちがいい。
こちらもその辛さ故、トリップします。

釣れましたかと聞かれて、ハイと答えて、
大きさはと聞かれれば片手で足りる、どんなに手を広げても23cm。
数はと聞かれればコレもまた片手で足りる。

そんな釣れない釣りでも当人としては多いに満足しているのである。
川の中に立てるのが嬉しいのである。


|

« カエルが縁起物と人気 | Main | 僕が少年だった頃(17)-三角乗り »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16635/4486739

Listed below are links to weblogs that reference InTheRiver:

» Riverside に思う [Traveling Riverside Blues]
Tomcats23さんの記事に釣り師の一面がかいま見られました。 魚を釣りたく [Read More]

Tracked on 2005.06.10 at 18:47

« カエルが縁起物と人気 | Main | 僕が少年だった頃(17)-三角乗り »