« 飯田橋に | Main | 本日の試合 »

2005.04.17

ふるむーん温泉

本家のサイト、最近では釣行レポしか更新しなくなっていますが、アクセスを調べると以外に温泉のページがカウントが高かったりします。
いきたい温泉などやはりネットで検索されて情報を得ることが多いんでしょうね。
温泉サイトも沢山ありますが、最も良く見るのはここ。
ダンさんカミさんのふるむーん温泉です。
ここでご紹介するまでも無く人気サイトで、温泉ファンには良く知られているページです。
ネットサーフィンもサボりがちでしたが久方に遊びに行かせていただくと
counter340000
ピッタリのキリ番踏ませて頂きました。
最近自分のサイトでキリ番と言うものをなかなか意識していないのですが、ピッタリの数字ってなかなか気持ちの良い物です。
前は月10000アクセスでしたが最近では20日で10000をゆうに超えているようです。
この「ふるむーん温泉」の人気の秘密、管理人の人柄に依るところ大だと思います。
リンク先の相手に対して細やかな心配りが出来る、掲示板での会話を大事になされていて相手の管理人やその家族の誕生日までお祝いのメッセージを入れて頂いたりします。
HIT数の少ない所ならいざ知らず、一日500アクセスを超えるサイトでそれをするのは大変な事だと思います。
加えて温泉サイトにありがちな裸を売りにすることが一切無い。
さらに、いざ行こうと言うまでにご自身たちで吟味に吟味を重ねて調べていらっしゃるようです。
宿の対応の感じ方は人それぞれ千差万別で、評価するには難しいところがあります。
客がぞんざいであれば接客とてスムーズには行かないことでしょう、その点「ふるむーん」のお二人は常に宿ではいいおもてなしに会われているようです。
客が誠意をもって接すれば、より以上のおもてなしが還ってくるという事だと思います。
仮に気に入らないことがあっても旨くスポイルされて書かれているので嫌味が残らない。
首尾一徹、ご自分達のポリシーを徹底されているので見ていて安心。
今でこそ日々熱々のご夫婦ですが、長い夫婦生活ずっとそうだったわけではないそうです。
夫婦お互いに感心が無くなっていたことも。
それが子育てが終わり夫婦で温泉に行き、そこで得た心の充実感。ご主人の「君と二人でこうして時間を過ごしたかった」という言葉。
倦怠やちょっと疲れたご夫婦、ご自分達の有り様を見直すのには必見のサイトかも知れません。
当方のお勧めです。

渓流解禁もそうですが、温泉行きたいな~。

|

« 飯田橋に | Main | 本日の試合 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16635/3734316

Listed below are links to weblogs that reference ふるむーん温泉:

« 飯田橋に | Main | 本日の試合 »