« 木のいのち木のこころを読む | Main | 好きになれないことわざ »

2004.12.18

投げるフライも尽きました


干潮時に狙いをつけていつもの川に。
ホームセンターで大分前に買った安物の長靴、穴が開いているようで水がどんどん滲みこんできました。
フライも今日はロスト5個、今まで何個のフライをなくしたのだろうと考えてみましたが、さっぱり分からず。
目が悪いんでしょうか、この釣りでシーバスがいると確認できたことが少ないです。
いない所で投げているのか、いるのに見えないのか。

朝まで粘ろうと思っていたのですが、暖かいとはいえ12月。
長靴の中のつま先が冷えてシビレ出したので撤収。
30敗位までは数えましたが今何敗目だろうと考えるのも億劫です。
弾の補充に精を出さねば。
なんとしても年内に1匹、シーバスの顔が見たいものです。

|

« 木のいのち木のこころを読む | Main | 好きになれないことわざ »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 投げるフライも尽きました:

« 木のいのち木のこころを読む | Main | 好きになれないことわざ »