« 河原の散歩 | Main | エコノミー症候群対策 »

2004.10.28

満月の夜には



満月の夜には何故か人々は狂気に走る。
満月になると犯罪が増える。精神状態が不安定になる。大事故や大事件がおこる。
月のサイクルと人の感情や行動に何か関係があるという。
昔から現代までいろいろなことを言われ続けています。
恋人同士が満月の夜にデートをしたとき、お互いを想う気持ちが強ければ、その力がさらに強まり、二人の仲がうまくいっていなかったら、相手を嫌う気持ちが強まり悲しい結末をむかえるかもしれないという・・・・。
月の満ち欠けは出産にも影響を与え満月と新月の1日前と3日後に生まれる子どもが多いという。
-月世界からの報告Moonlightより
満月の中に見える模様も日本ではウサギがもちを搗いていると言われていますが、中国ではくすりを搗いていると言われ、アラビアでは百獣の王ライオンが果敢に吠える姿に、南ヨーロッパの海沿いの国々では、昇り来る満月を大きな片腕のカニが、大潮を招くように呼んでると思い、南部アメリカでは、陸の部分をワニに見立てているそうです。
今日10/28にはアフリカ南部で皆既月食が見られるとのこと。
The moon age calendarより
また英語で「狂気」という意味をもつ単語:lunacy 
この luna はラテン語で「月」という意味があり、狂気という単語の語源になっていると言われているのです。つまり月の光が人を狂気へと誘う。。。
それがこの lunacy の意味なのです。この狂気は通常の精神異常とは異なり、イギリスでは「月狂病」と呼ばれ、月光によって精神異常な状態になったと区別していたのです。
満月にまつわる話を2~3集めてみました。


|

« 河原の散歩 | Main | エコノミー症候群対策 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16635/1799065

Listed below are links to weblogs that reference 満月の夜には:

« 河原の散歩 | Main | エコノミー症候群対策 »