« 釣れる訳ないか・・・ | Main | 九段下に »

2004.08.09

年に一度読む本



年に一度、この時期にだけ必ず読む本があります。
井伏鱒二著/新潮社『黒い雨』がそれです。
この本、そして長崎の平和記念像と広島原爆ドームについては
多くの方に語られその悲しみは受け継がれて来ていますのでここでは触れません。

平和な国に暮らしている自分自身の平和ボケを諫めるため、たんたんと語られる
原爆の恐怖・被爆者の怒り・悲しみを受け止めています。

「常におらが一番」でなければならない大国の暴挙は一体誰が止められるのか。
民衆の犠牲をものともしないやり方は人々の憎悪しか生まない事、
わかって欲しいと思います。

|

« 釣れる訳ないか・・・ | Main | 九段下に »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16635/1156935

Listed below are links to weblogs that reference 年に一度読む本:

» 朝日新聞を読む [〜ふぐ屋、風と共に去らぬ〜]
長崎原爆の日、核兵器廃絶を米市民にも呼びかけへ - asahi.com : 社会 [Read More]

Tracked on 2004.08.09 at 19:50

« 釣れる訳ないか・・・ | Main | 九段下に »