« 日焼けの季節になりました | Main | 白骨温泉報道裏読み »

2004.07.13

僕が少年だった頃-予告編

このカテゴリーは僕がが少年だった頃の記憶をたどり、
様々な出来事をキーワードを元に書いています。
ここに書くのはこれからのキーワードとその予告編です。
ライトで9番の草野球。
運動音痴な日々。
劣等生が先生の褒め言葉により児童会長にまでなっちゃう話。
金魚盗りと池に落ちた話。
鳴き声に眠れなかった食用ガエル。
お尻に芦を挿し膨らませたアマガエル。
泳げない日々、好きなこの前で立ち上がってしまった水泳大会。
小学校での初恋、すれ違ってしまった中学時代。
車輪ころがし競走。
自転車の三角乗り。
とーさん倒産したよ。
鉄人28号とおばQ、漫画少年と赤塚不二夫へのファンレター。
せいちゃん。
夕暮れ三輪車。
雑種犬コロ。
しじゅうからとセキセイインコ。
いなくなった草がメ。
ハーモニカと逆上がり。
変速機つき自転車とサイクリング。
坊主頭と円形脱毛症。
拳骨先生。
田舎での川遊び
などなど、結構この少年だったころの記事を書く時ってウキウキしながら書いています。

|

« 日焼けの季節になりました | Main | 白骨温泉報道裏読み »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 僕が少年だった頃-予告編:

« 日焼けの季節になりました | Main | 白骨温泉報道裏読み »