« 献血出来ず | Main | 初戦だ »

2004.03.20

『雨の日の釣り師のために』

雨なんかで釣りにも行かず、アームチェアーに腰掛けて・・・・アームチェアフィッシャーマンと呼ぶ。
の書き出しだったかな『雨の日に釣り師のために』D&G・パウエル/開高健編集
朝から真冬を思わせるような雨、春めいて一気に春かなと思ったのですがなかなかすんなりとは行かないようです。
こんなときはのんびり釣りの本でもめくってみようかとこの本を探しているのですがどうにも見つかりません。

本棚から見つけ出したのは次の2冊でした。

『旅と渓』/高野健三著
モノクロの写真と釣りを通しての地元の方との触れあいを綴ったエッセイ集。
『フライ・フィッシング研究』佐藤盛男文/久保田鉄絵
フライを始めた頃自分の入門用にこの本を購入、嬉々として読んでいたことを懐かしく思い出しています。
最近ゆっくり読書と言う時間が無くなっていることに気付きます。

今日はチョッとパラパラ本をめくって見たいそんな雨の日です。

|

« 献血出来ず | Main | 初戦だ »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 『雨の日の釣り師のために』:

« 献血出来ず | Main | 初戦だ »