« お返し選び的な日 | Main | 砂に書いたラブレター »

2004.03.08

画期的であった

今でこそ携帯電話にカメラが付いているなんて当たり前のようになっていますが、
発売当時これは革命的と思ったものがあります。(当人だけかと思いますが・・・)
名前 パシャパ・Pashapa
サイズ 40(W)×88(H)×16(D)mm(キャップ、突起部を除く) 重さは38g(電池含む)
性能 カラー10万画素。
撮影サイズ 標準:120*120ドット CIF:352*288ドット。
記録方式 PNG形式。
メモリ 120*120:約30枚 CIF:3枚
電源 単4電池1本
写真を撮りその場で携帯に繋いでメールに添付できる優れもの。

2000.9.28 日本移動通信株式会社 より
PashaPa」は、着脱可能な超小型・軽量、低価格のデジタルカメラで、
「@mail (アット・メール)」*対応cdmaOne携帯電話で幅広く利用できます。

今からたった3年半前のNEWSでもあった訳で、その後カメラが付くとも思えなかったわけで
時代の流れがこんなに早いとは思わなかった訳で・・・・。
ほんの数回使って終わりにするとは思いもしなかったわけで。
技術革新とどまる所を知らず。

パシャパの虜!というパシャパ専用サイトもあったんですね。

|

« お返し選び的な日 | Main | 砂に書いたラブレター »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16635/275328

Listed below are links to weblogs that reference 画期的であった:

« お返し選び的な日 | Main | 砂に書いたラブレター »