2018.04.23

横浜創英高校ダンス部三送会2017その2

P3202616_2


| | Comments (0) | TrackBack (0)

パソコンのスクリーンセーバー

仕事の際の息抜きに入れているスクリーンセーバー。
youtubeスクリーンセーバー
娘のダンス部での活動と親父のフライフィッシングのシーンに成ります(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018.03.31

母の入院その後

母の入院その後
母の入院その後
母の入院その後
今日は母の入院先の担当先生、看護師さんソーシャルワーカーさんを交えてのカンファレンス。
脳梗塞で倒れた日に桜の咲く頃には介護と言う問題と直面する事に成ると言われてました。
先生の方からは高齢と言う事も有り、今の時点から目を見張る様な回復の進展は難しいでしょう。
現時点ではホーム入所が望ましいとの事。
介護の認定が来週位には出て来て、その時点でソーシャルワーカーさんとどの様な介護をするかの具体案を話し、ケアマネージャーさんを紹介して貰う段取りにしました。
母の入院は五月いっぱいまで、もう少しリハビリを続けて貰います。
病院の向かいに桜が咲いているので玄関先まで出て桜見物。
その後、父と妹達と別れて病院の近くの公園へ。
ここは娘の幼稚園時代に家族で来た事のある場所で、記憶ではもっと桜の木が有った気がしましたが、園内には数本の桜しか有りませんでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018.03.21

横浜創英高校ダンス部三送会2017

2018/03/20ダンス部の「三年生を送る会」
卒業式は有ったものの、この会が終わらない事には卒業と言う気分には成れませんでした。
毎年の三年生を送る会は学校に集まり寸劇やったりゲームしたりでお菓子食べて終わると言う物。
今年のような卒業公演にも匹敵するようなのは初めての試みです。
懐かしい作品から中学生、一年女子
、短期間で仕上げてました。
全18+1演目、これだけの作品を一挙に見れるのは保護者として有難い事でした。
最後に顧問からの挨拶、そしてコーチのアルバムの中に共通な言葉を旅立ち若者達への餞別として頂きました。
何年かして学校に遊びに来ても、あの時は良かったねーとかあの時代に戻りたいとは絶対に言うな。
今生きてる瞬間を最高の時間に出来る様にして欲しい。
有難い言葉で送り出してくれました。
色々やらかして一週間の練習停止やら散々怒られてまくったこの三年生でしたが、物凄く顧問の先生、コーチ陣から愛された学年でも有りました。
これにて漸く高校卒業です。
P3202295_2
P3202315
P3202318
P3202324
P3202350
P3202353
P3202359
P3202377_2
P3202382_2
P3202391
P3202395
P3202403
P3202451
P3202455_2
P3202468
P3202485
P3202496
P3202503
P3202514_2
P3202548
P3202568_2
P3202603
P3202609


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018.03.19

ワクワクの三送会

明日は娘の部活の三年生を送る会。
顧問の尽力で卒業公演の様相に成り、文化祭が最後の演技と思っていた保護者達に取って本当に嬉しい会と成るようです。
18時開演で二時間丸々中学生も一年から三年も踊り続けるので二時間は遥かに越えるだろうとの事。
卒業生が一年の時に作った衣装が入らないとか、体力落ちて動けないとか、新作挑戦したら振りを覚え切れて無い仲間がいるとか色々聞こえては来ますが、それはそれで楽しい思い出に成ることでしょうね。
追記)
一番楽しみなのは左下の一年の時の作品で「魔女の宅急便」です。体育祭では見ましたがその後の県コンクールに2・3年生とは別に1年生だけで出場。
50数校出場して23位の成績。
入部して2ヶ月ちょっとしか経っていない1年生だけのチームで過半数より上だったと言うのに驚いたのと、他チームどうなの?と思った記憶が有ります。
初めて自分達で作った衣装で大騒ぎしながら作ってたのも懐かしい思い出です。(笑)
Img_20180319_141534_094


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018.03.11

2018解禁

2018解禁
2018解禁
2018解禁
2018解禁
2018解禁
朝九時に毛利氏からLINE。
起きてる?
ストレスMaxの僕を何処かに連れ出してくれるとの事。
時間も時間で中津も増水かつ大放流、桂もまだ増水との事で近場の養沢毛鉤専用釣り場に。
午後券買ってのんびりスタート。
休憩まではドライオンリーでやっと一ぴき。
鱒が上向いてません。
合流してこれなら効くよと貰ったニンフ。
食い付きが俄然違ったのが分かりました。
まぁしかし肝心のフライを枝に引っ掛けて万事休す。
さらには毛利氏はそのニンフやここぞに使う小さいウェットとで計200本の貴重なBOXをロスト。
下流一緒に探してみましたが流れて行ってしまった様です。
管理釣り場ではありますが取り敢えず解禁。
ストレス発散の良い半日と成りました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018.03.06

介護認定など

介護認定など
娘の卒業式でバタバタしてましたが、その前日は母の入院先で介護の認定員さんの面談の立ち会い。
100位あるチェック項目を一つ一つ確認されてました。
デイサービス受けるとしても玄関先に送り出す為の身支度をするヘルパーさんも必要に成るとの事。
試しに母を車椅子からベッドに移動させられるか父が試しにやってみましたが、要領を得てなく手を引っ張るだけで体を起こすことが出来ません。
僕が代わりにやって一つ一つの動作を指示するとさもなく動かせました。
頭の中の命令系統がやはり上手く伝えられない感じがしています。
先日、妹から病院から母が車椅子からずり落ちたと連絡が入ったとの事。
車椅子に座り続けているのもまだまだ大変な様子。
あと三週間のリハビリで何処まで行けるか、月末にリハビリのカンファレンスを受ける事になります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018.03.04

娘の卒業式

娘の卒業式
娘の卒業式
娘の卒業式
娘の高校卒業式。
あっという間の三年間で何とか無事卒業と成りました。
三年生を送る会からのダンス部の飲み会からカラオケに行ってようやく深夜に帰宅。
入学式と卒業式の画像を見比べてみたら、確実に髪の毛は有ったと思うのでした。
卒業式当日に娘から貰った手紙。
言うなれば娘から貰った卒業証書。
担任であり部活顧問の先生はそう言うのが大好きでね。
感謝の気持ちを親に伝えてと言う事らしい。
まぁ少しは感謝してくれているようです。
その場で読むとウルッとしそうなので学校を離れてから読みました。

渡す方も照れ臭いだろうが、貰った方もこそばゆい(笑)。
沢山のありがとうが書いてあった。
直接的に言う事は無いと思うけど、ありがとうと言わなくちゃ成らないのは僕の方だろう。
ダンス部に入って頑張っている君を応援したくなった。
妻が生きていれば、その役目は彼女が担って大会や行事はたまに顔を出す程度だったと思う。
ダンス部に入っていなければ、よこはまパレードもハマこいもダンスタも見に行くことは無かっただろう。
昨年の登美ヶ丘高校の旋風も肌で感じる事も無かっただろう。
県のコンクールで入賞したり出来なかったり、その結果に一喜一憂することも無かっただろう。
沢山の感動を僕を含めた保護者達に与えてくれたのは、紛れもなく君達なのである。
お陰さまでいっしょに青春気分が味わえたよ(笑)
僕も本来なら交流が無いであろう他のお母さん達といい仲間に成ることが出来た。
酒呑みが集まったいい学年だったよ。
娘のお母さんは亡くなっているけど、君の将来を温かく見守ってくれるお母さん的存在は沢山出来たよ。
君の頑張りにありがとう!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018.02.21

母その後

母その後
母、脳梗塞のその後。
月曜日にリハビリテーションで家族(父、僕、妹)と治療関係者とソーシャルワーカーさんとの面談。
リハビリテーション総合実施計画書と言うのが手渡されましたが、書かれている内容はこちらの想像以上に厳しいものが有りました。
内容
脳梗塞
高次脳機能障害
摂食・燕下障害
構音障害
意識障害
左片方麻痺
日常生活自立度:C2
高脂血症、高血圧症、糖尿病
認知症老人の日常生活自立度判定基準:Ⅲ

脳梗塞による脳のダメージは大きく後遺症がかなり残った、更には認知症も始まったと言う事。
3月に入ったら介護申請をして、三月いっぱいはリハビリをして四月には退院。
現状だと要介護5レベル、脚を引き摺ってでも歩ける様になるかと期待もしましたが、そこまではたどり着け無いだろうとの事。

母の状態を受け入れるにはかなり葛藤が有りました。
母に対して出来ない事を指摘するから出来る事を誉めると頭の中でシフトチェンジ。
母の希望は家で過ごしたい、父と一緒にいたい。
介護により父の共倒れは何としても防がないといけないので、どうするか三月はそんな準備でバタバタしそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018.01.16

母倒れる

母倒れる
母倒れる
近況報告。
今週頭より新しい現場に赴任しました。
ここ数年現場では施工図のみ作成する事に専念してましたが、今回はデベロッパや施主との打合せ等にも参加、物発注の管理等にも引っ張り出される事になると思います。
場所は自由が丘から徒歩12程の所。
駅から住宅街を抜けて歩きますが、ガレージの中の車はポルシェやフェラーリ等が並んでおり違う世界に迷い込んだ気になります。

実家の話。
年末に父が退院して一心地付いたかと思っていた所、母が正月の二日に脳梗塞で倒れました。
幸い父が退院して居たので素早い救急搬送と初期治療が出来る事が出来ました。
ただし動脈硬化が進んでいて、血管内のプラークが剥がれて詰まっての脳梗塞。
左半身の麻痺は治るかどうかこれからのリハビリ次第と言う事に成りそうです。
今日ようやくHCUから一般病室に移る事が出来ました。
桜の咲く頃にはリハビリの病院も出ないといけないので、今後の介護等色々考えないといけなく成るようです。
父の退院をあんなに喜んでいたのに、母はこんな事に成って辛いと思います。
幸いにも父は自分で料理が出来る人なので付きっきりで無くても何とかしてくれています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018.01.01

2018謹賀新年

2018謹賀新年
明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いいたします。
この正月、娘は年末年始休みなくバイトなので特別にお節とか用意しない正月に成りました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.12.30

父の入院

父の入院
12月頭に実家に行った時、体調が悪く掛かり付けの病院の医師から精密検査を受け様に言われているんだと聞いた。
8日に母から電話がありどうやら胃癌らしいので、直ぐの入院が必要だと言ってきた。
11日入院、14日に胃癌手術のカンファレンスを医師から聞く。
87歳の父だが、胃癌と聞いて取れるなら取って欲しいと即答したらしい。
見せられた胃カメラの画像は胃の上部に直径5cmの癌を写し出していた。
見た感じは割れたザクロの様で、そこからの出血で貧血を起こしていたらしい。
胃の三分の二は切除するとの事。
当初より切除範囲が拡がったので一瞬怯んだ父では有ったが、覚悟は決めたらしい。
18日朝9時からの予定で手術室に入ったのだが、緊急を要するに患者が搬入されてその後に成った。
終わるまで待たないとならない時間は長く感じた、父も少なからずイライラしていた様である。
幸いにも胃癌以外に転位は無くて原発箇所の切除だけで済む様なので、待たされる位なのだから大丈夫何だよと訳の分からない励ましをして心落ち着かせる事に専念する。
一番心配なのは術後せん妄で、ひたすら安心させておく事に留意した。
ようやく一時を回り父の番、手術室に歩いて入る父の背中を二つ軽く叩き「頑張れよ」と言って送り出す。
父からはおうと力強い返事が帰ってきた。
4時間掛かると聞いていたが、胃と十二指腸がそのまま上手く繋げたので二時間半で手術が終わった。
出てきた胃を確認、直径5cmより少し大きい癌であった。
麻酔で朦朧としている父には「分かるか?」「手術は終わったからな、無事に胃癌は取れたから」「手のミトンとか管とか一杯付いているから外したりしたら駄目だよ」等現状を理解してもらうために声かけをしました。
全て術後せん妄の防止のために。
言われている事の一つ一つにしっかり頷いてくれたのには頼もしく感じられました。
HCUにいるので長くは会話出来ませんでしたが、頭がしっかりしていたので一安心。
帰りに母と妹と僕の娘と四人で食事がてらのお祝い会。
母は本当に嬉しい様で帰って来たら起きやすい様にとかする為にベッドを早々に注文したらしい。
結局入院した日から退院するまでの20日間、病院には日参していた。
術後の回復が早い。
翌日には鼻から胃へのチューブが外され、酸素マスクも鼻に指すだけのものになり、手のミトンも取れていた。
さらには少し歩いたらしい。
父の頭がしっかりしているのには先生も看護師さんも驚いていたようです。
4日目にはおならも出たし、背中の痛み止めもも外れ明日から水を飲んでも良いとなった。
6日目には重湯と少しのおかずが解禁。
栄養剤の点滴が取れた。
その翌日にはお腹のドレーンが取れた。
管が一本取れる毎に退院へと近づくのだけれど、あれよあれよと身軽に成って行きました。
87歳にしては凄い体力、僕が30年後にこの体力が有るかと聞かれれば自信が無いです。
11日目、今後の食事のメニューなどを栄養士さんから説明を受ける。
そう翌日には退院なのである。
12日目の12月30日、晴れて退院。
家の用事を済ませて実家に向かう。
この日は父と母を労う為に僕が料理を作りました。
カボチャと蕪と人参と豆腐と大根の煮物。ほうとう風味。
野菜は柔らかくし過ぎるとあまり噛まないで飲み込んでしまうので、少し歯応えが有るようにしました。
良く咀嚼する習慣を付けてもらわないといけない。
普段あんまり料理をしない母でしたが、胃の手術をした人の為のメニュー本なとが買ってあり、しみじみ二人の仲の良さを感じるのでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.12.25

2017X'mas

2017X'mas
2017X'mas
今年のクリスマス、昨日は珍しく娘と映画鑑賞。
DISTINY/鎌倉ものがたり、作品としては楽しめましたが、輪廻転生とか運命とかこの映画の世界観をまともに受け止めると新しい恋も出来なくなる怖さが有りました。
結婚指輪の裏に刻まれた文字はDISTINY(運命)でした。
妻が生前僕に言った「あなたは運命の人です」、そして前世で深く関わりが有ったが結婚には至らなかったとか。
そんな事をふと思い出された映画でした。
じわりじわりと何かが迫って来るような感じとでも言おうか。

クリスマスの今日は給料日のお約束でもあり、娘と焼き肉。
先日出来上がってきた部活のDVD、ミュージカルは良く撮れていたものの、校庭アトラクションが最悪。
全体を舐めるシーンが多く数々有った見せ場を録り逃していて何とも残念な動画に成っていたことへの不満ぶちまけていました。

帰ってからの小田和正さんの「クリスマスの約束」。
娘のクリスマスプレゼント探しや手作りのディナーとか一つのイベントが終わって一息付いて珈琲飲みながら見ていました。
手術とかもこの時期だったり、一緒に見ていた年数に独りで見る年数が追い付いて来そうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.11.30

高校生活最後のお弁当

高校生活最後のお弁当
今日の娘のお弁当。
明後日から期末テスト、殆どもうテスト勉強していた様子が見られませんでしてが。
テストが終わり、殆ど午前中で学校は終わりそのまま冬休み。
1月2月は月に数回学校に行くだけで3月の頭には卒業式になるとの事。
本日のお弁当は高校生活最後のお弁当と言う事らしい。
何かメッセージを入れることもせず、特別気張る訳でもなく、何時もより少しおかずの種類を一つ二つ増やしてのお弁当でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.11.29

2ヶ月振りに竿振

2ヶ月振りに竿振
2ヶ月振りに竿振
2ヶ月振りに竿振
2ヶ月振りに竿振
2ヶ月振りに竿振
九月末に湯川に行って以来、1ヶ月以上竿を振っていないので紅葉狩りも兼ねてうらたんざわ渓流釣り場へ。
7時前に着くも日が出た当たりから突風ビュービュー。
上着を羽織らないで車外に出たらあまりの寒さに悪寒が走りました。
しばらく車中で仮眠。
風も止んだ九時過ぎから釣り開始。
各ポンド大体四隅に人がいるくらいの混みようでした。
まぁ、渋いです。
沈めてポツリポツリ釣れて五匹止まり。
ヤマメクラシックには行かなかったので何となく紅葉狩りでした。
三時に早上がりして宮ヶ瀬湖の紅葉を見に行きましたが、10年振りの宮ヶ瀬湖はすっかり観光地に成ってました。
クリスマスイルミネーションも土曜から始まっているらしく駐車場に入るのも大変で、レンタカーを返す時間を考えるてイルミネーションは見ず仕舞い、又の機会にしたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.11.22

現場からの夕景

現場からの夕景
現場からの夕景
任期残り僅かになり、内装も始まりつつ有るので漸く現場の中に。
前回の現場に比べるて珍しい位に現場内部に立ち入らずにいました。
階数もかなり上がって来ているので景色も良く成っています。
スカイツリーに猿江恩賜公園、橫十間川、事務所の閉塞感からするともっと早く現場からの景色を眺めれば良かったなと思いました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.11.21

自宅より富士山

自宅より富士山
寒さ厳しくなる折、快晴の気持ちよさから窓を開ける。
丹沢山塊がくっきり見え、富士山も冠雪。
冬ももう間近。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.11.20

娘のお弁当

娘のお弁当
#親父が作る娘のお弁当
#白飯だけだと飽きる
#チャーハン弁当
#カルビ丼
#角煮丼
#タラコご飯
#美味しい塩で塩むすび
#炊き込みご飯
#娘に料理を教えないといけないなと思う今日この頃

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.11.17

秋深まる

秋深まる
秋深まる
この11月、最近には珍しく遠出無しの1ヶ月。
紅葉も通勤時に見る江東区住吉の猿江恩賜公園ぐらい。
あっという間に冬に成りそう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.11.13

帰り道

帰り道
帰り道
現場の帰り道。
橫十間川に掛かる本村橋からスカイツリーを眺める。
昼休みにはぜ釣りでもとか思っていたけど結局竿は出さず仕舞い。
ここしばらく昼食で街をブラつく事もなく、朝事務所に入り夜退室するまで籠りきりの生活。
本当に特に変化の無い毎日だなとつくづくおもいます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.11.10

最上級生としてのこの一年

#2017/11/10
#代替わりしてから先日の引退までの一年間
#色々踊ってたので
#リストアップ
#ysdc
#横浜創英高校ダンス部
#C.h.o.s.m.y.t.h/ワンオク
#SeeOfDoreams
#素敵なホリディ
#さくら
#happiness
#ThePeachboys、爺さん
#ThePeachBoys 、雉
#サバンナ、シマウマ
#ThePeachboys、雉体育祭バージョン
#ThePeachboys、爺さん、雉ダンススタジアムバージョン
#ミュージカル「青い鳥」母の愛
#ミュージカル「青い鳥」病原菌
#校庭アトラクションヒップホップ
#校庭アトラクションR&B「されど僕らの日々」
#後夜祭セブンティーン
#まぁこれじゃ休む暇も無いね
#部活ロス多大
#娘の応援をして保護者のライングループのアルバムにアップした画像は2000枚を越えました。
この一年よく頑張っていたと思います。

1510935010878.jpg

1510935012605.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.11.08

今年の秋は早いね

今年の秋は早いね
今年の秋は早いね
今年の秋は早いね
奥日光、大芦とか毎年の様に紅葉を楽しんで来ましたが、今年は何処にも行くことなく終わりそうです。
10月の台風や雨ばかりの週末にかなり仕事も立て込んで来て、体を休めるばかりの週末。
現場に向かう途中の江東区猿江恩賜公園も少しずつ木々が色付いてきました。
今年の秋は早い気がします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.11.05

風邪引きの三連休

風邪引きの三連休
木曜日、仕事から帰ってきたら鼻がグショグショ。
咳は出るは鼻水止まらないはで、この三連は布団の中です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.10.29

横浜創英高校文化祭 ダンス部の校庭アトラクションその1

横浜創英高校ダンス部校庭アトラクションその1


1509271031298.jpg

1509271033765.jpg

1509271036064.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

創英祭2017横浜創英高校ダンス部校庭アトラクション「されど僕らの日々」

横浜創英高校ダンス部「されど僕らの日々」

1509237881791.jpg

1509237886946.jpg

1509237891198.jpg

1509237892899.jpg

早引退した仲間達が個々の名前を呼んでくれたり、声援してくるたりで良かったです。
彼等彼女等の声に思わずウルッとしてしまいました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.10.15

ステージアの廃車

ステージアの廃車
8月末に車検が切れて、一応近所の修理工場に持ち込んだ我がステージアでしたが、20年落ちで28万km走っている車はあちこち痛みも酷かったようです。
タイヤ交換
クーラントの底に穴
ABSの不具合
タイミングベルトの交換
電気系統の数々の劣化
さらに、トランスミッションは載せ替えないと無理。
出てきた見積もりは40万を越えており、いよいよ諦めが付きました。
前の三連休に車載品の引き取りと廃車の手続きを済ませました。
嫁さんの存命中の思い出が詰まった車でしたが、仕方ないです。
暫くは車なしの生活となります。
レガシィやファンカーゴとかレンタカーづ借りてみるとレスポンスのいい車は、運転しててもストレスが溜まらず、運転そのものも楽しめるものだと実感した次第です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

創英祭2017充実しきった二日間

1508009148620.jpg

#2017/10/01
#横浜創英高校文化祭 #創英祭
#ysdc #横浜創英高校ダンス部
#ミュージカル #青い鳥
#思い出の国 #チルチルミチルの亡くなった母役 #母の愛#母の歌
#夜の国 #病原菌 #病原菌達のダンス
#校庭アトラクション
#一曲目 #ヒップホップ
#二曲目 #R&B #されど僕らの日々#オープニングセンター#早引退した仲間たちからの
熱い声援
#舞台装置係#トンカチ持っての早出の二週間
#後夜祭 #後夜祭ダンス#セブンティーン#後輩達の声援

1508009149694.jpg

1508009150678.jpg

#3年8組#カレー屋さん
#高校ダンス部部活の集大成
ダンス部に入部して、最後の仕上げの創英祭。クラス委員としての責任も有ったたろうし、こんなに充実した二日間は無かったと思います。
一週間前は頬がこけ、げんなりしているので無理矢理焼き肉屋に連れて行きました。
親として言ってあげられたのは、こんなにヒリヒリした緊張感はこれからの人生でもそうそう味わう事出来ないのだから、笑って楽しめ!でした。
二度とは帰らない青春の日々、多くの仲間達と出会い、共に汗を流した事はこれからの人生での自身への応援歌に成る事でしょう。
これにて娘のダンス部の文化祭投稿は完結。

1508009151563.jpg
インスタグラムに記事を上げたらハッシュタグが足りなく成るような一日でした。
ほぼ休みなく続けたダンス部部活、良く頑張ったと誉めてやりたいです。
そして作品毎の感動をありがとう!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.10.14

横浜創英高校ダンス部ミュージカル青い鳥ダイジェスト版

横浜創英高校ダンス部ミュージカル「青い鳥」ダイジェスト版

1508069810911.jpg

横浜創英高校ダンス部ミュージカル「青い鳥」
高校三年生から中学生まで総勢90人近くの出演者。
一人一人衣装は手作りです。
苦労した甲斐有って、素晴らしい作品に成りました。

1508351049648.jpg

1508351052643.jpg

1508351054057.jpg

1508351055435.jpg

1508351057252.jpg

1508351058756.jpg

1508351059788.jpg

1508351061435.jpg


1508351063344.jpg

1507980325989.jpg

1507980327499.jpg

1507980328515.jpg


1507979128120.jpg

1508351065179.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.10.09

A☆ミュージカルワークショップ

A☆ミュージカルワークショップ
A☆ミュージカルワークショップ
#2017/10/09
#A☆ミュージカルワークショップ
#青山明プロデュース
#10年振りのワークショップ参加でした。

もう一度舞台を目指したいならワークショップへ行って青山先生に自分の言葉で伝えなさいと前回の発表会に行ったのが6月。
部活が終わってワークショップに参加して帰って来るのは深夜で、更に早練、舞台装置作りで早朝に出てのこの2ヶ月でした。
途中からに参加でしたので、バックコーラス位の出番かなと思っていました。
幕を開けるとタップあり、ソシアルダンスあり、ジャズダンスあり、歌もセリフもあったのでビックリ。
やりたいこと好きなこと、親は親バカで精一杯後押しするしか無いんだろうなと思ったのでした。

本日のプログラム、
出演者に
questions:あなたが幸せに感じる瞬間は?
の問いに
疲れた時に食べる父の手料理に幸せを感じます!

ちくしょう、
騙されねーぞ、
騙されねーぞ、
騙されねーぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

横浜創英高校文化祭、ダンス部のミュージカル「青い鳥」

横浜創英高校ダンス部ミュージカル「青い鳥」思い出の国母の愛
1507522766387.jpg

先日の横浜創英高校ダンス部のミュージカル。
「BlueBird」思い出の国、母の愛。
ウィキッドの挿入歌に娘が歌詞を考えて歌いました。
歌うとは聞いていましたが、実際に聞いたのは文化祭当日の本番で聞くのが初めて。
当初生歌の予定でしたが学校のワイヤレスマイク不調で録音と成りました。
♪どれほど 季節が過ぎても
過ごした 日々は宝物
おまえの笑顔に 何度心が救われたでしょう
私はいつもここから 愛しさをこめて見つめている
母を懐かしく思う時 心はいつでもそばにいる
どんなに遠く離れても 愛してる気持ちは変わらないわ
いつか二人大きな壁に当たった時
この場所を思い出せば 手を広げて待っている
母を懐かしく思う時 心はいつでもそばにいる
二人は私の中で永遠に輝き続ける
いつまでも いつまでも 愛している
これからもずっと

小学六年で母を亡くした娘は、
もし母と会えることが出来たら、
母は私にどんな言葉を掛けてくれるだろうか、
そんなことを考えながらの作詞だした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«横浜創英高校ダンス部創英祭2017校庭アトラクション